脳梗塞の症状は本人は気づきにくい┃顔が変わることがある

メニュー

ナース
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の病気でない聴力の異常

医療ベッド

脳の検査で難聴の原因判明

音がよく聴こえなくなってきたら誰でも耳の病気を疑うものです。たいていはまず耳鼻科を受診して耳の検査を受けます。それで原因が見つかればいいのですが、耳の機能に異常なしと言われることもあります。中には突発性難聴などストレス性の病気と診断される場合もあるのです。良い耳鼻科医ならもう1つの可能性についてすぐに気がつき、脳神経外科での検査を勧めてくれます。頭部MRI検査で聴神経腫瘍が見つかる例も珍しくないのです。この病気は脳腫瘍の一種ですが、良性のため命に関わる症例は滅多にありません。ただし時間の経過とともに腫瘍が少しずつ大きくなることも考えられます。聴神経腫瘍は小脳と脳幹との間にある蝸牛神経または前庭神経に発生し、後者が圧倒的に多くなっています。主な症状は難聴や耳鳴りですが、腫瘍が大きくなると周辺神経を圧迫してめまいや顔面麻痺・頭痛・嚥下困難も見られるようになります。症状の進行には個人差があり、ゆっくりとしか進行しない例も少なくありません。そのため聴神経腫瘍と診断されても特に治療をせず、経過観察とする場合もあります。治療する場合は腫瘍が小さければ定位放射線治療、大きい場合は手術が選択されます。

周辺神経を傷つけずに治療

聴神経の周囲には顔面神経や三叉神経・迷走神経など重要な神経が集中しています。手術で腫瘍を摘出する際にはそれらの神経を傷つけないよう細心の注意を払わなければなりません。聴力をどれだけ温存できるかという点も、執刀する外科医の腕前にかかってきます。聴神経腫瘍手術の実績が多い外科医ほど腕も確かですので、そういった神経を損傷させずに腫瘍だけを摘出できまるものです。腫瘍のサイズが概ね3センチ以上なら手術での摘出が必要になります。それ以下のまだ小さい腫瘍であっても、まだ若い人では今後腫瘍が大きくなることは考えられます。聴神経腫瘍を完治させるには全摘出が一番ですので、腫瘍が小さいうちでも手術が望ましいケースはあるのです。腫瘍が3センチ以下の場合や手術を受けるのが難しい人は、定位放射線治療によって腫瘍の拡大を防ぐことができます。ガンマナイフとサイバーナイフという2種類の方法があり、いずれも医療設備の整った病院で受けられる最新の治療法です。手術よりもリスクが低い方法として放射線治療は人気を集めています。難聴で耳の検査を受けても異常なしと診断された場合は、まず脳神経外科の医師に相談してみるといいでしょう。