脳梗塞の症状は本人は気づきにくい┃顔が変わることがある

メニュー

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の病気でない聴力の異常

医療ベッド

難聴が発生して耳鼻科を受診し耳の検査を受けても異常が見つからず、ストレス性難聴などと診断されることがあります。そうした場合に脳神経外科で頭部MRI検査を受ければ聴神経腫瘍が見つかるケースも珍しくありません。腫瘍が小さければ定位放射線治療、大きい場合は聴神経腫瘍手術実績の多い病院での全摘出が理想です。

読んでみよう

動脈硬化が引き起こす病気

頭痛

脳の血管に血栓が詰まると

糖尿病や高血圧、高脂血症、肥満などの持病がある人は動脈硬化になりやすいといいます。動脈硬化は血液中の中性脂肪やコレステロールが血管に付着することで起こります。これが原因で血管が硬く狭くなり血栓などが出来やすくなってしまいます。動脈硬化が原因で脳の血管への血流が悪くなり血栓が詰まることで脳梗塞が発症します。脳梗塞は年齢を重ねるほど発症率が高くなります。再発率も高いのが特徴でその場合前回よりも後遺症がひどくなる確率が高いと言われます。脳梗塞の症状で多くの人がびっくりするのが顔の変化です。唇が大きな角度で曲がるほど別人のような顔になってしまうことがあります。しかし本人は意識障害を起こしているのでほとんど気づかない場合が多いのです。

重い後遺症が残る場合も

また脳梗塞を発症した場合片側の手足の麻痺や歩行障害の症状が現れる場合もあります。周りの人が症状に気づいたら早急に病院に運ぶことが大切です。脳梗塞の治療が遅れるほど脳細胞の壊死が進み機能が失われるからです。いったん死滅してしまった脳細胞は元には戻りません。そのため手足の麻痺や言語障害など症状が残ってしまうのです。しかしリハビリテーションを重ねるうち失われた機能が戻ってくる可能性は高くなります。病気が回復して退院しても後遺症が残っている場合はリハビリテーションに通う必要があります。また脂質の多い食事を改善して再発を防ぐことも必要になります。特に塩分の摂り過ぎは高血圧を悪化させるので控えることが大切です。

住み慣れた環境で安心療養

先生と患者

世田谷区の在宅医療は、元々医療施設が多い地域である為在宅療養支援を行う診療所も数多く、在宅医が見付け易い状況にあります。安心な療養には、緊急時も含め直ぐに対応できる自宅周辺で、在宅医を見付けることに大きな利点があります。また最適な在宅医探しでは、かかりつけ医や各種窓口へ相談することがポイントです。

読んでみよう

がんの治療と再発の防止

医療器具

免疫療法には、免疫細胞を培養するものと、がん細胞の特徴を覚えさせるもの、そして働きを弱めるブレーキを解除するものとがあります。いずれもがんの治療に効果的ですが、併用することで一層治療効果が高くなります。また、定期的に受け続けることで、新しいがん細胞の誕生による再発も防がれやすくなります。

読んでみよう